Persona Mania

日常、そして心境。

心が狭いんですけど

結婚式って迷惑だなって思います。 勝手にすれば良いじゃん。 高ーいお金取られて、時間取られて、興味もない人間の思い出とか聞かされてさ。

本当、やめてほしい。

自分もやりたくないと思うタイプなんですよね。 結婚式したからって離婚しないとは限らないし。本人が、そこに価値を見出して出費を惜しまないのはいいんだけど、ご祝儀とかマジでもう、ほんと、しんどい。

心狭すぎなんだけどね。 本音ですよね。

職場で結婚式あげる人がいて、その人とは働き始めて一年も経たないときで、同じ係の人がプレゼント渡そうとかいいだしたのウザかったなー。

親睦会でご祝儀も出してるんだし、なんで更に?と思うわ。

あげたきゃ1人で渡せよって感じ。

親しくもないし、祝ってもないわ、みたいな。むしろ事業の日に式やってて、職場から人が駆り出されてて迷惑なくらい。

どうでもいいイベントだわ。

…と思ってしまう。

くだらないことを書きます

生きる上で、ゼロか100で判断を行うことは非常に難しい。 特に感情は複雑で、とても表現しきれない。

“生き死に”についての欲求は、最たるものだと思う。

まず大前提として、大方、死を選択することは一度しか出来ないということ。

だから、100パーセントで死を望む場合のみ、その選択をすべきだと思う。 ここで、『未来の自分も同じように死を望むか分からないから、死を選ぶべきではない』と言う人がいるが、それは違うと思う。そもそも、その理論がまかり通るならば逆も然りだ。主張は成立しない。

だから、今を基準として考える。

誤解のないように書けば、これは自殺を推奨しているわけではない。

生も死も、人生における選択肢の1つに過ぎないということ。そして、人生のあらゆる選択は、その延長線上に生死があるということ。

ただし、その選択を行う際に、ゼロか100で判断することは難しい。

だから100といえない時は、選択を控えるか、リスクの大きい方は選択しない。

そうすべきだし、そうしたい。

そうでないと、世界を満たす絶望の波にさらわれてしまう。 そんな気がする。