Persona Mania

日常、そして心境。

優柔不断ってやつですね

別に誰かに認められたいとか、そんなんじゃないんだけど、でも、これは酷い仕打ちなんじゃないかって思う…という出来事があったのが、4月。

そりゃあすこぶる能力が高い人でもないし、馬鹿みたいに魅力的なわけでもないよ。

それでも、スーパー安月給の割に耐えてきたと思う。

去年なんか、病みすぎて拒食と過食を交互に繰り返す日々。 人と話すのがしんどすぎて忘年会はふける。 親指の爪はぼろぼろだし、夜中なんて何度も何度も目が覚める。

だいたい言いやすいやつになんでも言うと思うけど、世の中ずる賢いヤツがそうやってのさばるんだと思う。

…自分で言うなよって感じだけど、頑張ったと思う。

もういいよな。 もういいだろって、思うのに。

優柔不断なんだろうな。踏ん切りがつかないのかな。

元々、なんでこの職場に来たのか考える。 毎日毎晩。

地面に埋もれてしまいたいとか、透明になって消えたいとか、そんなことを考えて、その裏では訳の分からない欲望が息をすることをやめさせない。

滑稽に思える。自分で自分が。

でも潮時だよな。 もう無理だよな。

無理だと思う。

ここで、逃げるのか?って、誰かに責められるような気がして。 それなのに、もうだめだと思ってる。

職場で、だめだと思う時に、声が聞こえる気がする。 そうやって、逃げ続ける人生なんだって。 いっそ、生きることから逃げてしまえ。 中途半端に逃げるなんて、なおさら滑稽だ。

そうなのかな。 そうかもしれない。 そう思いながら、優柔不断に。

だんだん、疲れてるのか、怠けてるのか、そんなんもわからなくなってきて、必死に自問自答するのに、答えが見つからない。

家にも帰りたくない。 職場にもいたくない。

こんなん無理だって分かってるけど、誰か、みてくれとか、そんなん抜きにして見てくれないかな。

なんで、姿形のことばかり言うのかな。 私は、そんなんじゃない。

なんでこっち見るの。あなたと私は初めて会うのに。だからか。

なんで、いるんだろう。

じゃあ何をしたいんだろう。

どこに行ったって、私はいない。

それが分かっているから、決められないんだろ。

ほんと、優柔不断だな。 滑稽で笑える。